競歩

   両足が同時に地面から離れてはだめ、接地する時前足が真っ直ぐでなければならない、厳密なルールを守りながら速さを競う競歩、男子20メートルのレースで27歳の鈴木雄介選手が世界記録を塗り変えた。